キャバクラや昼キャバで、いつでも楽しい時間を過ごせる

客層も変化する

青いプレゼントの箱

キャバクラと昼キャバは、その営業時間から客層が大きく変わってきます。
一般的にキャバクラの場合、仕事が終わったサラリーマンなどの一般労働者が多くなる傾向にあります。
それに対して、昼キャバの場合は同業者であったり、ホストなどの夜職と呼ばれる業種が客層として多くなる傾向にあります。
またもちろん、夜勤従事者も客層の中心を占めるといえます。

この他にも、昼間に時間の有る高齢者などがやってくることが有ります。
さらに、営業などの外回りの仕事をしているサラリーマンがやってきたりすることも有ります。
様々な人が入り乱れる空間となるのが昼キャバの特徴だといえます。

キャストの傾向

紫のプレゼントの箱

キャバクラと昼キャバの違いとしてあげられることは、その多くが営業時間の違いに付随してさらなる違いが生まれます。
その違いの一つとして、在籍するキャストにかなり違いが有ることが多いです。

キャバクラの場合は、フリーターなどの女性が在籍していたり、昼間の仕事を終えて働く女性が在籍していたりします。
それに対して、昼キャバの場合は主婦などがパートとして働いていたり、休みの学生が働いていたりすることが多いです。
客層の違いに加えて、従業員の傾向も違うことから必然と雰囲気も変わってくるといえます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031