キャバクラや昼キャバで、いつでも楽しい時間を過ごせる

カジュアルさの要因

シャンパンクーラー

昼キャバとキャバクラを比較するならば、前者のほうがカジュアルな楽しみ方が出来る。
それは、料金的な部分が安めに設定されているという理由だけではありません。

前者の客層は、どちらかと言えば同業者や夜勤従事者、そして昼間に時間が取れる属性の人物が中心です。
そういった人たちはどちらかと言えば少数派であり、入客を期待することが難しいという側面が有ります。
ですから、昼キャバには指名ノルマが存在しないお店が多いです。
ノルマが存在しないこと、そして働いている女性も基本的に自分の生活が別にあること、そういった点から純粋に会話を楽しみに行く場所としての立ち位置が出来上がっています。

これに対してキャバクラの場合、指名を取ることがキャストにも重要な仕事として存在しています。
だからこそ、キャストとそこに遊びに行く客人の間にはいろんな駆け引きが生まれます。
その駆け引き自体はお互いが割り切って楽しむ部分であり、より刺激的で夢のある時間を過ごすことが出来るといえます。

どちらにもそれぞれの楽しみ方が有るのです。

客層も変化する

青いプレゼントの箱

キャバクラと昼キャバは、その営業時間から客層が大きく変わってきます。
一般的にキャバクラの場合、仕事が終わったサラリーマンなどの一般労働者が多くなる傾向にあります。
それに対して、昼キャバの場合は同業者であったり、ホストなどの夜職と呼ばれる業種が客層として多くなる傾向にあります。
またもちろん、夜勤従事者も客層の中心を占めるといえます。

この他にも、昼間に時間の有る高齢者などがやってくることが有ります。
さらに、営業などの外回りの仕事をしているサラリーマンがやってきたりすることも有ります。
様々な人が入り乱れる空間となるのが昼キャバの特徴だといえます。

キャストの傾向

紫のプレゼントの箱

キャバクラと昼キャバの違いとしてあげられることは、その多くが営業時間の違いに付随してさらなる違いが生まれます。
その違いの一つとして、在籍するキャストにかなり違いが有ることが多いです。

キャバクラの場合は、フリーターなどの女性が在籍していたり、昼間の仕事を終えて働く女性が在籍していたりします。
それに対して、昼キャバの場合は主婦などがパートとして働いていたり、休みの学生が働いていたりすることが多いです。
客層の違いに加えて、従業員の傾向も違うことから必然と雰囲気も変わってくるといえます。

通いやすさの違い

カウンターの上のグラス

キャバクラと昼キャバを比較するのであれば、通いやすさが違ってくる傾向にも着目したいところです。

その違いを生む理由の一つとしては、後者のほうが比較的安めの料金設定となっているというところに有ります。
セット料金というところから見て、数千円程度変わってくるところもあります。
その分、出費を抑えることが出来るためカジュアルな楽しみ方が出来るといえます。

それに比べてキャバクラの場合、お金は昼キャバよりもかかりますがもっと濃密な時間を過ごすことが出来るといえます。
通いやすさを取るか、内容を取るか、その違いと自分の生活環境から遊び方を自由に選ぶことができます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930